プロフィール

野上 孟

千葉県柏市立柏高校吹奏楽部で打楽器を担当、石田修一氏に師事。卒業後アメリカ・カリフォルニア州RiversideCommunityCollege入学、卒業。音楽専攻でジャズドラムセット・マーチング・コンサート打楽器を学ぶ。 2002年同大学のマーチング打楽器アンサンブルにてWGI(全米マーチング打楽器コンテスト)に参加1位を獲得。2003年SeattleCascade(ドラムコー)に参加DCI(ドラムコー世界大会)主催テナードラム・ソロ・コンテスト4位。 同年LosAngelesのマーチング打楽器アンサンブルBlackKnightsにてWGIに参加2位。2004年TheCadets(ドラムコー)にてテナードラムを担当。 同年大学のジャズ・バンドではリノ・ジャズ・コンテストにて1位を獲得。2005年8月に帰国、現在はドラムセット、テナードラムにてソロ・バンド演奏活動や、ビッグ・バンド、ジャズ・コンボでの演奏を多数行う。 インストラクターとしてマーチングバンド、吹奏楽部、等の団体での指導や、個人でのドラムセット、打楽器の指導にあたる。

主な活動概要

国内では、2007年のDreamsComeTrueの"ワンダーランド2007"ドラム・パフォーマンスの場面で出演。
2008年、"石川直ソロ・プロジェクト"に参加。ブラスト来日前には石川直氏とブラストのPRライブに出演。
2009年1月にはリットーミュージック主催"第一回ドラム・マガジン・フェスティバル"に石川直氏と共にマーチングパーカッション、ドラムセットで参加。また、"石川直ソロ・プロジェクトVol.2"に参加。 ツアー中にブラスト等で有名なトランペット奏者アダムラッパとレコーディング等も行う。
2010年石川直とのDuoユニットGratifyingGrooveの活動を行う。マーチング打楽器、ドラムセット、民族打楽器等を多様に使いマルチ・パーカッショニストの二人が創り出す全く新しいLiveMusicが話題を呼ぶ。
Pearl楽器が主催するMarchingDrumsセミナーを行い、全国から参加者が集まる。
2011年JapanPercussionCenter(コマキ楽器)主催のルーディメンタル・ドラム・クリニックを行い、全国からの参加者が集う。石川直が出演したNHKの番組 スクール"Live Show for TEENS"の制作活動を行う。
そのほか、関東、関西地域での演奏活動や地域のイベントで等でも演奏。
またマーチング・バンドの指導やショー構成、アレンジ活動を全国区域で展開、数々の団体を全国大会へ導く。
創価ルネサンスバンガード(東京) 全国大会出場多数、内閣総理大臣賞グランプリ杯獲得多数
埼玉栄高校 全国大会出場多数、内閣総理大臣グランプリ杯獲得
GENESIS(埼玉) 全国大会出場多数、小編成部門優勝多数
福島市立吉井田小学校 全国大会出場多数、金賞受賞
柏市立柏高校 全国大会出場多数、金賞受賞多数
春日部市立豊野中学校 全国大会出場、金賞受賞
関東学院(神奈川)全国大会出場多数、金賞受賞
駒澤苫小牧高校(北海道) 全国大会出場多数
沖縄県立小禄高校 全国大会出場多数
宮城県立広瀬高校 全国大会出場多数
Sendai Verdures(宮城) 全国大会出場
Wings(福島)全国大会出場
越谷中央中学校 全国大会出場

国外では、アメリカの高校に曲を提供したり、東南アジアのタイランドでは2008年にタイ・マーチング・バンド全国大会や、2009年にロイヤルカップ(王族主催のイベント)の審査員を務める。 音楽留学の経験を生かし、外国からの音楽講師を招いた際の通訳も度々行う。

Pearl Drums Marching Percussionアーティスト
他スポンサーはSABIAN Cymbal, Vic Firth Sticks and Mallets, Remo Drum Head

このページのTOPへ